占い師が知っておきたい基本分類占術

占いには本当に多くの占術があります。でも大きく分類すると3つに分けることができるのは占い師なら知っていて当たり前。これから占い師を目指そうと思っている人向けに占いを勉強する上で必ず知っておくべき知識となる部分を紹介していこうと思います。

占いを大きく分けると西洋、東洋といった形になります。同時に使う道具も異なる場合が多いです。ですが基本的な部分に立ち返ると占いは命、卜、相といった3つに分類することができます。

これらの分類は古代中国が起源となっており、命、卜、相、医、山といった五術に分けたところから来ているとされています。占い以外の医となる部分は医学です。山は仙人が使う術とされており現代で活用される占いには分類されないことになっています。

さて占いの分類に当てはまる命に関してからですが、これは多くの人が知っている生年月日から分析をしていく方法になります。誕生の瞬間の天地が表す個人の一生の運命や運気を読み取っていきます。

単純に総合的な占いに向いており、占える内容も多数。ほとんど全てのことに関して占いをすることができるでしょう。苦手分野と言えば大きく運勢を占いするので直近の出来事などの占いに向いていないことくらいです。

女性なら男女関係についての占いが多いですが命を利用した占いでは理想の相手や結婚する時期などを読み取ることができます。特にこの命占と呼ばれるものは昔から多くの研究者がおり占術の基本は同じであっても流派によっては解釈が違っていたり同じ占術の中にも多くの流派が分かれているケースが多いです。

続いて卜と分類される占いですが、こちらは占うたびに結果が変わるといったどちらかと言うと直近の出来事を分析しやすい占いになります。ただし占いする度に答えが変わるからといっても1ヶ月〜2ヶ月は期間を空けないと結果にほとんど違いはありません。

よく卜占で利用される占術は馴染みも深いタロットカードやトランプ占いです。コイン占いなんかも卜占に分類されています。お正月に多くの人が利用する「おみくじ」なんかも卜占に入る占い方法の一種です。

相に分類されるのはこちらも日本では馴染みの深い占い方法が多くあります。例えば手相占い、人相占いなどは全て相占に分類されています。

手相などは時間経過でシワの位置などがかわります。つまりそういった時期に占いをすれば以前とは違った結果が出てくる占いでもあり、相占も直近の占いに適した占術と言われています。

まず占い師を目指すのあればこのいずれかを勉強していくことになります。より実力ある占い師になりたい場合は全てをある程度、網羅して総合的に読み解いてく実力があるとお客さんを多く勝ち取ることもできるでしょう。

そして何より大切なのは占い師自身の経験も重要。

最終的な判断は占いによってでた結果を自分なりに解釈して相談者に伝えることになります。ですから自分の持っている知識や経験によって解釈はいかようにも変わるので人生の中で良い経験をたくさんした方が良い占い師になれる確率は高いといえます。

MENU

Copyright (C) 渋谷区に住む占い師のドンズバ日記 All Rights Reserved.